2017年12月28日

反省

一年を振り返って・・・・今年もまた年末を迎え反省をする為に日記と手帳を省みながら一つ一つの現象がいかなる原因があったのかを追求し洗い出し良い現象には称賛を与え悪い現象には叱責を与え二度とそんな起きないように注意を喚起していく。
その考え方や方法は自らを第三者から眺めることがコツである。

 反省の基準として私は、宮沢賢治先生の「アメニモマケズ・・・」としている。
posted by 筆文字や隆庵 at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

毎年の宣言

 毎年 私の手帳の冒頭はここ10年次の如くあり
「私が不慮の事故もしくは病にて生命の危機を迎えようとしたとき、意識のない自分では言い切れないのでここに書を残しておきますので以下のとおりの処理をお願いします」

 1.延命処置不可

 2.葬式いらず

 3.墓いらず

 4.荼毘の後はごみとして下さい

 5.ただ法的な処理はお願いします

 といった文言を記している


 人間が死と呼んでいるのは、物的身体がものを言わなくなる現象です。用事が終わって霊との縁が切れ、元の大地にリンやカリになり戻っていくだけの事なのですが
往々にして死というものに対して霊が十分な準備が整っていないうちに起きるので様々な問題を抱えてしまいます。
 が、実際には霊は肉体という不自由な牢から解放されて、それよりはるかに精妙なる構造をした霊的身体(光)で自我を表現することになり、地上では眠っていた霊的感覚が発揮され始めその活動範囲も飛躍的に広がるのです

 (シルバーパーチ霊言より)
posted by 筆文字や隆庵 at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする