2018年01月06日

天と地を結ぶ電話 Jamesクレンショー著

ある男が死に、火葬にされた3日後に霊媒を通してこう語ったそうです。「私はどこにいるのだ、私は死んでいない、これはどうしたことかなんとしたことだろう」と・・少し慌てている様子でした。
さらに一週間後
「一体ここは地獄何だろうか?私はどこにいるのだろうか」
次の週になると彼は歌いながらあらわれてきたさらに、新しい調子で話し始めた

「私はとても幸福です。私はあなたが私にして下さったことを思い出して今感謝しています」
この霊人は友から仲間から現幽両世界で援助を受けたことを感謝し最後に自分は幽界の「準備室」に置かれているのだといった。こうして彼は実際に「救われた」のである。
posted by 筆文字や隆庵 at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする