2018年02月27日

因果律から

 良いことをすれば良いことが起きる、悪いことをすれば悪いことが起きるというのが法則なのです。
 喜び 苦しみ、悲しみ、健康 病気、家族の調和 不調和、社会の不安定などすべての現象にはすべて原因があるのです。
 では、良いことと悪いことの区分はどうなっているのでしょうか
 良いこととは、感謝の心、調和の心、愛と慈悲の心 敬虔 謙虚、勇気のこころで行動するということ
 反対に悪いこととは、罪悪感 自信喪失 劣等感 自己顕示欲 憎しみ 怒り 悲しみ 泣き言、妬み
等のこころで行動すること 等です
 しかしながらそもそもの人間のこころは「善」であり「霊」が本質であってすべての人間に反省というチャンスがあるのです。
  我は神とともにあり・・
posted by 筆文字や隆庵 at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

人間神の子

人間もすべての生き物も植物も動物も神の創造物であることは旧約聖書をはじめとして古事記も
人間釈迦という書物に表現されているように神の子であり善であるのです。したがって悪と見える現象は善である神の子が自らを表現できていない消極的な状態を世俗的には悪といっているだけでなのです。
絶対善が認識できるまであと何万年もかかるのでしょうか・・・
posted by 筆文字や隆庵 at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

原因と結果

私が日々体験する事象はある時に私が思ってそして行った結果が出てきているということを知ったならば日々の生活がいかに大切なことであろうかと思わずにはいられない。
まぎれもなく私たちは多くの人たちと触れ合いながら生きていかなければなりません。様々な社会や人間関係の中で生活をしているのです。
したがって「調和」が必要だとは思うのですがその調和を乱した分だけ不調和が生まれそこにストレスを感じてしまうのです。心の安らぎを求めているのに 今私は主に「偏向報道」をしているテレビをはじめ新聞社などにものすごい怒りやストレスを感じてしまっています。いわゆる左翼系マスコミやそのことに乗じて国会で愚劣なふるまいをしている野党議員の諸君を考えると一日がとても不愉快な心情から始まってしまいます。 だから 新聞を読まないテレビも見ないようにしています。意図された偏向報道を聞くくらいならとネット情報を拾いながら情報収集をしている次第です。
朝日新聞社が文芸評論家の小川栄太郎氏と飛鳥新社を訴えているそうですが「笑止千万」マスコミにあるまじき醜態をさらしていますがあきれてしまいます。かのごとくマスコミが反省すべき点が多々あるようです。
うそがうそをよびさらにひろがり取り返しのつかない状況を結果としてうけとることになるでしょう。
「原因と結果」の法則は自動的に働くものと考えています。


posted by 筆文字や隆庵 at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

現状把握・因縁と業

 私の目の前に顕れている問題(現象・事象)は過去私が思い行ってきた結果として今の存在があります。
他者はどうあれ自分さえ良ければいいのだと、その時点でそう思いそのように行為した。
 目先の利や私欲を優先したような行為は一見すると正しいように思われるのですが、ある一定期間を経てそれらの思念や行為の結果が自らの身に起こってきます。
 つまり、目の前に起きている問題はあの日あの時の自らの思いや行い、自己中心的なふるまいを今度は自分がされることになるわけです。
 思いもよらぬ形として顕現されるため私はその原因となった態度を忘れているために不平不満を持ったり愚痴を思ったりしてしまい、また新たな原因を作ってしまいます。結果として物事が循環、円運動を起こしながら何度も何度も負の結果が付いて回る事になるわけです。
 逆に他者を大切にするような思念や行為が先にありますとある時突然「善果」が現れ反省をとあして感謝すればその種子はまた良い結果を生んでいくことになるわけです。

posted by 筆文字や隆庵 at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

こころ詩綴より

家庭・・・
家庭は人間の生きる道を学ぶところ
家庭は人間の生きる目的を学ぶところ
家庭は長所を伸ばし
短所を修正するところ
家庭とは心の安らぐ場であってほしい
昨今家庭内での問題で犯罪が生まれている

肉体こそが人間であり 物が最も大事で
欲望だけが肥大しているために起きる事件が
多過ぎるようだ

posted by 筆文字や隆庵 at 10:21| Comment(0) | 愛のある家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする