2018年02月06日

原因と結果

私が日々体験する事象はある時に私が思ってそして行った結果が出てきているということを知ったならば日々の生活がいかに大切なことであろうかと思わずにはいられない。
まぎれもなく私たちは多くの人たちと触れ合いながら生きていかなければなりません。様々な社会や人間関係の中で生活をしているのです。
したがって「調和」が必要だとは思うのですがその調和を乱した分だけ不調和が生まれそこにストレスを感じてしまうのです。心の安らぎを求めているのに 今私は主に「偏向報道」をしているテレビをはじめ新聞社などにものすごい怒りやストレスを感じてしまっています。いわゆる左翼系マスコミやそのことに乗じて国会で愚劣なふるまいをしている野党議員の諸君を考えると一日がとても不愉快な心情から始まってしまいます。 だから 新聞を読まないテレビも見ないようにしています。意図された偏向報道を聞くくらいならとネット情報を拾いながら情報収集をしている次第です。
朝日新聞社が文芸評論家の小川栄太郎氏と飛鳥新社を訴えているそうですが「笑止千万」マスコミにあるまじき醜態をさらしていますがあきれてしまいます。かのごとくマスコミが反省すべき点が多々あるようです。
うそがうそをよびさらにひろがり取り返しのつかない状況を結果としてうけとることになるでしょう。
「原因と結果」の法則は自動的に働くものと考えています。


posted by 筆文字や隆庵 at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする