2018年02月27日

因果律から

 良いことをすれば良いことが起きる、悪いことをすれば悪いことが起きるというのが法則なのです。
 喜び 苦しみ、悲しみ、健康 病気、家族の調和 不調和、社会の不安定などすべての現象にはすべて原因があるのです。
 では、良いことと悪いことの区分はどうなっているのでしょうか
 良いこととは、感謝の心、調和の心、愛と慈悲の心 敬虔 謙虚、勇気のこころで行動するということ
 反対に悪いこととは、罪悪感 自信喪失 劣等感 自己顕示欲 憎しみ 怒り 悲しみ 泣き言、妬み
等のこころで行動すること 等です
 しかしながらそもそもの人間のこころは「善」であり「霊」が本質であってすべての人間に反省というチャンスがあるのです。
  我は神とともにあり・・
posted by 筆文字や隆庵 at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする