2018年07月05日

創造

わたし達は、一宗一派、一冊の経典、一片の主義主張にこだわるものではなく

ただ、永遠の生命である神とその神がつくられた永遠の法とを信じ且つ実践

してゆくものである


キリスト教でもなく仏教でもイスラム教でもなくユダヤ教でもありません

ただ、宇宙が示す教えを知り且つ畏れ 生命すべての成り立ちが私たちの

日々の生活に深く影響していることを肌で感じ、真の人間の生きる道を確認

していこうというのが、人生の目的と使命であることを学んでいるのです

永遠の生命である私たちはいま最も波動の荒いこの地上界において己の魂を

磨く巡礼の旅を続けているのです、その目的は創造主である神のこころに

少しでも近づこうというのが最大の課題なのです

100人が100人同じく神のこころに近づこうと潜在的には理解しているのですが、あまりの地上界の波動の荒さによってその本質を忘れてしまっています

様々な文献、聖書や仏典 日本の古事記などから天地創造の寓話が出てきています

ということは、創造主の存在を認めているということになるわけです

posted by 筆文字や隆庵 at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする