2020年09月27日

たかがウイスキーされどウイスキー

IMG_0268.JPG
ウィスキーのラベルデザイン・季節ごとに風情が変わります。ウィスキーのファッションも変わります。ボトルだって着替えたいものだと、この酒を販売している会社の女性社員の意見を尊重して「春模様・・・・桜吹雪が舞う頃」といったコンセプトで作りました。
 お客様は単なる「モノ」を買うのではなく体験や価値にお金を払う。
酒を飲むという行為であれば、単なる酔うためだけではなくそこに情緒感がほしいものである。


posted by 筆文字や隆庵 at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする