2021年01月16日

家庭が国家をつくる

 今の日本を考えると、「これはダメ」という出来事がもう何十年も続いているような気がします。
それでも、日本は必ず良くなります。一人一人がダメな今に気付き、こうすればよいと気づき、「このようにするとよい」と考え動き始めた時から、良い方向に進むのです。
 その源は「家庭」にある。孟子は「国の本は、家に在り、家の本は身にあり・・・」と、
現代社会の情勢を考えると様々な現象が私たちにたいして「それは間違っているよ」言っているように見えます。
 自然現象で言えば地震、竜巻にはじまり政界財界においては指導力不足、一般社会人においては足ることを忘れ去った欲望、自己さえ良ければといった自己中心主義、交通事故に疫病、自殺、殺人、うつ病など・・・これらの結果には必ず原因がある。
 社会のせいだとか、政治のせいだとか誰彼のせいだとかいって目を閉じるのではなく、この現実に、まず気づきましょう。

 現状を把握するといくつかの問題点は凡そ次のようなものであろうと推測できます
1. ものを深く考えなくなった。ことにより「判断力の欠如」がみられる、薄っぺらで表層的な意見に左右され物事の真実を追求する粘り強さがうしなわれていると思われる。
2. モノを大切に扱わなくなった。感謝の心が忘れられている
3. 自己中心の人が増えた。相関関係の欠如。

 これらの現象は一体どこから生じたのであろうか原因を探ってみると、私たちの暮らしの中に入りこんでいる「マスコミ」の存在が大きいのではないかという考えに行きつきます。
 マスコミという視聴覚拡大傾向は、特にテレビ、パソコン、スマホなど次から次へと情報を提供し考える余裕を与えないほどコマーシャルや番組、特にワイドショー等の影響は大である。
 情報はその真偽に疑わしいものも含めて無防備な人々の意識に入り込んできます。何気に見聞きしている無意識の領域に入りこんでしまうものであり、知らず知らずに「洗脳」されているわけです。
 学校教育においては、暗記主体、前例踏襲という意味も含めたテストが出来れば高学歴を手に入れることができ出世できるとばかりに「テクニック主体」の学習が主流となってきており、それらの結果として判断能力の欠如した「社会のリーダー」たちをたくさん生み出してきたのも事実であります。
 情操の何たるかを知らぬままに知識だけは一応身に着けていて、子供のころから試験勉強だけは出来るといったいびつな環境下にて育ったエリートもどきの排出そのものが現代の日本の体たらくなのではないかと思う次第であります。
 家庭に於いては反抗的な人を急増させるような教育をしているといっても過言ではない。たとえば親が子供を育てる過程で、親の意志を押し付け子供の才能を引き出そうとしない。子供は自分を理解してもらえない寂しい心を反抗することで訴えているが、親は気づかない。もしくは生来の素直さのあまりいつまでたっても親のいう事に従うような主体性を失っていく場合もあります。いずれも親が子供に与える影響によって生じるものです。
 ある政党の代表が「母が言っているから・・・」などとテレビで発言して失笑をかっていたことを思い出します。

子供は親のいうとおりにはしない、親のするとおりにする。

国の教育の在り方はこの70有余年の間に大きく変わってきてしまいました。何度読んでも納得する「教育勅語」「愛国心」「情操」などといったよきものを捨て去り、いわゆる「物質至上主義」を中心にした味もそっけもない「教育」が主となっていきました。
これを是正するのには100年近くかかるでしょう・・・是正しようと思っている人が増えることを期待します

国家100年の計は「教育」であることを肝に銘じたいものです。

 それには「家庭教育」が大切であり、その中心的な役割は「親」つまり「夫婦」の在り方が大きいと思う次第です。ジェンダーのひずみが家庭そのものの問題を生み出してきたと思う次第です。これは私の「思想」ではなく「普遍的な自然法則」なのです。








posted by 筆文字や隆庵 at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする