2021年04月24日

神の経綸

 私たちの一挙手一投足は、好むと好まらずに関わりなくすべて天の元に明らかになっているのであります。その証拠として自分に対して決して嘘は付けないのであって、自分自身をだますことはできないのです。
 中国古典 孟子による言葉として『天網恢恢疎にして漏らさず」とあり、どんな内緒にしていた悪事も必ずその報いとして天罰が下されるであろうという事ですが、逆もまた良きこともちゃんとその報いがあるという事になるわけです。
 自己主義から他利主義にいたる道のりが地上界に居する私たちの大切な修行科目であることを知らなければならないのです。
物質という限りのあるものを絶対として追い求めていけば必ず利己主義という思いが働きます。現代社会はこの物質至上主義におかされ人間性を失った地獄の様相が日夜繰り返されているような気がします。

posted by 筆文字や隆庵 at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする