2021年11月28日

水のお話し・・・

絵本でも書こうかなぁと思い原稿を準備する

「水のお話し」
私は水です
ある時は水蒸気であったし、またある時は氷の世界
にもいたし 水という液体の世界にも存在していた私は、
飲み水として人の体内にも存在したこともあり、
大地の草花の生命活動を推進したりしていたのです。
そうして様々に形状を変えた私は、今は雲という呼び名
になっているのです。
ん?年齢ですか?
たぶん地球という名の星が出来た時から数えると40
億年位かな、考えたことがないのでよくわかりません。
それより今日は私の体験話を聞いて下さい。
つい最近の出来事ですが、凡そ3200年ほど前の話です。
みなさんがよくご存じだと思うのですが「海が割れた事件」
と私たちの仲間の語り草になっているそのことです。
ある方が私たちの前に現われ大きく両手を広げ杖を空に
掲げ祈りの言葉を唱えられていたのです。
心に響く波動を持たれた方で確か周りのみんなからは
「モーゼ」と呼ばれていました。そこはエジプトという所の
近くでした。彼は当時の王様の命によって抹殺されそうな
幼子の頃、幸いにも王宮に拾われ王子として成人していく
という稀有な運命を持った方なのですがその「モーゼ」
いう方と私のかかわりに関してお話ししたいと思います。

先ほども申した通り杖を持ち天に祈られると私の周りに
大異変が起きたのです。急に何かの波動が起き左右上下
に揺さぶられたかと思う間もなく空に向かって噴射される
ようにちょうど水柱のようになってしまったのです。
しばらくはそのままの状態にとどめおかれていた下を見ると、
海の底が姿を顕しそこを何千何万という人や家畜が
荷車とともに通っていったのです。一体なぜこんなことが
起きたのか
と訝っている間に元の海面に戻っていったのです。
この時の事は後日誰かの手によって聖書という書物に神話
の如く書かれていることを最近知ったのです。
モーゼという方は神様より地球の人々を正しく導く役割を
持たれた大指導霊だそうです。


【プロフィール】

モーゼ・・・今から3200年前、独裁政治下のエジプトに奴隷の児として生まれ後王宮に拾われ王子として育てられるも奴隷という過酷な環境下にある人々の存在に同じ奴隷の児として、また人間としての矛盾のため解放させる事を神の命を受け地上に生を得た光の天使である。シナイ山にて天上界の大指導霊から 【十戒】を授かる。


posted by 筆文字や隆庵 at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする