2017年07月07日

諦めるという話

人生行路の中でどうしても、どうもがいても諦めるということしかできない現象があるという事を覚えておきたい
それはまさしく「天命」従うということ、同時に自然の法則に従うということでもある。
天の指示というものは、私の周りにいられる他者、他人を通して、また物を通して「難儀な問題」として顕現してくれている。
これらの問題を通して私の人格が磨かれていく、そのことを認識していく作業こそ人生の醍醐味であることを知ること

だから
それらの問題を前向きにとらえ
積極的に言動、行動していくことが肝要である。

積極的な前向きな言葉を自らのそばに置き ことあるごとに眺め、口に唱え 目に入れることで
潜在意識に種子を播くことをしたい
結果としてそれらの前向き明るい勇気をはぐくむ言葉は潜在意識という畑の中で生長し現実になり。問題解決に役立つのである。
posted by 筆文字や隆庵 at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: