2018年05月10日

物質社会での生き方


多くの物をもてる者と持たざる者
いずれが幸福か尋ねれば わが師曰く 「持てる者がさらに良く深くもたむと欲するとき即ち不幸への道なり
また、持たざる者が持てる者に嫉妬しそれがゆえに憎めばこれ同じく不幸への道なり」
物の多寡に幸不幸の基準を持つこと自体が不幸への道なり」

富める者は冨まざる者に慈愛を施し、冨まざる者は自らを小さくすることなく義に生きるべし
posted by 筆文字や隆庵 at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: