2018年05月22日

久々に政治の件

 世の中が論理や理屈どうりに進んでいくものではないということはわかっているのだが、昨今のマスコミや野党政治家の状態はまさに常軌を逸しており 狂気の沙汰としか思えないのである。1年以上も前から「モリカケ」という疑惑をでっちあげ現政権の特に安倍首相たたきに終始している。
 尚、この倒閣騒動には何の証拠もなく印象だけで進んでいく様を見るにつけいかにマスコミや政治家の頭がおかしいかを知ることになっている。この事態そのものが野党の底支持率に跳ね返り彼らにに対する不満を顕在化させ、国民不在の政治になっている事すら理解できていないようである。
 実は、こんなことが非論理的であることをわかってやっているのであれば確信的政府転覆を狙う情報テロリストの仕業であろう。現在我が国を取り巻く環境は戦後最大の激変が予想されているにも拘らず全くの「無視状態」一体どの国のマスコミと政治家なのか疑ってしまうのである
 多数の良識ある日本国民の冷静な反応を望む限りである。

 党利党略でもなく私利私欲に走り 選挙運動を就活と勘違いして当選するためなら主義主張の異なる同志でも離合集散を繰り返す、
情けなき事態になっている。

 オールドマスコミ野党5党は「国民の敵」であることが判明した。
posted by 筆文字や隆庵 at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: