2018年05月24日

やっぱりアナログ人生


 世の中がどんどん変わっていっても、どれだけシステム化されても
やはり、人との交流を無視しては生きていけない。
 どんなに世界が進歩しても人は食事をしなければ生きていけないのが明確であり
ということは食の供給者はいつの時代でも必要不可欠であると思うのである
 AIが食供給管理が出来る時代はいずれは来るだろうが、おそらく味気ないものになるであろう

 クリエイティブな世界が日常から消えるという事態だけは起きないと思いたい

生身の人間にとってすべて計算ずくの世界が不毛で悲しいことであるかを20年前の映画

「マトリクス」が表現している・・・
posted by 筆文字や隆庵 at 17:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: