2018年06月14日

人生を経営する

人生を経営するという観点から良いことと悪いこととを分けて考えて みたいと思います

前提としてはこころで思い行為したことの結果が現象化して今目前に現われている
という摂理を理解したうえで

さて、良い心とは何なのでしょうか

良い心とは健康・幸福になる明るい心をいう

1.感謝の心 2.調和の心 3.愛 4.慈悲 5.敬虔 6.謙虚 7.勇気 8.努力 9.自信 10.報恩 11.人のためになる

12.反省する 13.赦す心 14.相手を理解する 15.広い心 16.すなお 17.誰とでも話ができる 18.いつでもよく眠れる

19.明るいところが好き 20.足ることを知る 21.清潔 22.安楽な心 23.協調性 24.心を大事にする 25.整理整頓

26.叮嚀 27.けじめをつける 28.神仏を信ずる

病気 不幸になる心 暗いこころとは

1.罪悪感、自信喪失 2.劣等感 3.自己顕示欲 4.憎しみ、 怒り 5.悲しみ、泣き言 6.妬み そしり 7.軽蔑

8.虚栄 慢心 9.勇気がない 10.自己中心、わがまま 11.不遜 増上慢 12.思いやりがない 13.不信 14.狭い心 小さい心

15.傲慢 16.片意地で人と話が出来ない 17.眠れない 18.暗いところが好き 19.欲が深い 20.不潔 21.恐怖心 22.孤独が好き

23.物だけがすべてと思う 24.乱雑 25.粗雑 26.怒り 27.しまりがないだらしない 28.神仏を信じない


大宇宙大自然の意思 摂理は人が明るい心をもって足ることを知った生き方をすれば、みな心豊かな生活が出来るように準備して

一切を与えていられるのであります。

善因善果 悪因悪果が神理

しかし人がむさぼる心、奪う心、貧しい心を持っているとそういう心の結果として「奪うものは奪われる」となって物質的な利益も

失うのです。

続く・・・2018-02-27 10.25.02.jpg
posted by 筆文字や隆庵 at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: