2018年06月19日

人生経営の在り方(正直)


自然は、正直であります

冬には雪を降らせ春には花を咲かせる

そうした現実は、否が応でも私たちの生活に影響を与えていきます

人心が入り込む余地などありません、この循環は仏教的な表現としては

「諸法無我」といいます

諸々の自然の法則は我が入り込む余地はないという意味です

よって、この変化に戸惑うことなきよう自然体で生きよう

 春夏秋冬の四季、昼夜の別、因果応報、生者必滅すべて

かくのごとき、自然の姿は私たちの生き方を教えてくれています

正直に生きることが大切であります

2018-02-28 19.15.51.jpg


posted by 筆文字や隆庵 at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: