2019年02月06日

語るということ

 我々が言葉を発するときによく考えるという習慣をつけていないと些細なことでも大事件になってしまうことが多々あるという事は多くの人も自覚している事であろう

 特に乱暴な言葉による会話、簡単に何の考慮もなく発せられた態度や行動など要注意

 「つい言ってしまった」ことが原因で回りや相手を不愉快にさせてしまい、

 不都合な現象を結果として発生させ、またその言葉や行動が次の原因になり、原因結果の法則により
 次から次へと問題が膨らみ大きくなっていくものだ

 お釈迦様の説かれた八正道の「正しく語る」ということがいかに大切であるかを学ぶ

 
posted by 筆文字や隆庵 at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: