2020年09月24日

デザインの仕事その定義など

 商業シーンには欠かせない存在となっている販売促進活動におけるデザイン・・・そのデザインに関しては私自身の生き方や考え方及び成功するために必要なマーケティングの実際について語らなければならない
 結局のところ商業の在り方は最終的な顧客の行動をいかに促していくか、文字通り「人を動かす」リーダーシップのあり方に収斂されていくものなのである。
 つまり、顧客は市場の中で何らかの意図をもって購買活動をするのであり、その購買活動の後押しをする・・もしくはリードする「リーダーシップ」が必要であるといえる。そのリーダーシップの発揮という点を考えたうえでデザインそのものの力を強めていくことが大事であると考えるのである。
 具体的には以下の考え方が不可欠であるといえよう。

 1. 購買を決定するのは人であるという事・・・だから人のことを興味深く観察し、興味を持つことが大切であるという事を理解しつつもすべての人の欲求や要求、好みとするところなどを網羅するという事はあり得ないという事も知らなければならないのである

 2. だからこそ、誰のために何をするのかいった「コンセプト」の重要性が問われるのだ、したがって

 3. 顧客はだれか、その顧客に満足を与え得るものは何か、そのものをいかにアピールするか(デザインするか)手順と方法に関して何が必要か
 これらの総合されたものが私のデザインコンセプトなのである

 手描きのデザインってあったかいから好き・・・文字が気になる、へたくそだけどなんか気になる、そんな個性が気に入っている・・・






posted by 筆文字や隆庵 at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: