2020年12月27日

今年も終わります

 ビジネス主体の生き方から、日々の暮らしの中での生き方のスタイルとは何か等考えさせられた一年だったように思います。
従来では考えられない病の蔓延に行動の束縛が強いられ、毎日が感染者の増加の報道で始まるという異常事態の到来。さらに政府批判に終始し何ら解決案を提出しない特定野党の面々、政府にしても優柔不断な体たらくぶり、テレビに至っては思いっきり恐怖をあおるのみ、専門家と称する方たちの不勉強ぶりの露呈、物事を判断するために必要な情報の偏りなど一体この国はどうしたんだろう。国際状況が一変し過去の50年とは比べ物にならないぐらいの激動の時代だというのに。
 自分の次の選挙のことしか考えていない政治家、引退後の天下り先のことしか考えていない官僚諸氏、経済界はすでに創業期の社長もリーダーもいないサラリーマン社長の事なかれ主義集団になってしまっており社会の公器としての高邁な理念などなくなっておりただ利益のためだけに存在しているという情けない姿に落ちぶれている。
 自宅にいるという事はこんな状況のニュースばかりに触れるという事なのだ。

2020年12月現在コロナ感染者報道が白 
熱している。わずか数十センチ四方のテレビモニターから得られる情報でのみ生活の判断としてい人たちにとって、その真偽に関して判断できない。嘘を信じてしまう恐れがあるわけです。
ワイドショーに一度出演された専門家先生もその発言次第で、テレビ局の意図に反しているとされたら次回からは出演なし。今でもコロナが日本人にとって他国ほどではなく大騒ぎし過ぎなどと発言した段階で没。正しい情報を聴きたい私たちにとっては比較も出来ない環境であることに一種の恐怖を覚えるのは小生だけであろうか、共産主義国家ではあるまいし、経済環境迄責任とれないワイドショーの報道ぶり、当てが外れたらその後は報道しない自由とばかり知らん顔をする。

 まあ腹が立つばかりの一年だったように思います。

個人的には、相変わらず文字デザインと料理イラストレーションの仕事は途切れることなく、多くのお客様に感謝いたしますとともに来年以降もよろしくお願いする次第です。
仕事に限らず小生の理念 明るく楽しく生きるそしてより多くの人々のお役に立とう という自分との「約束事」を何とか守れたように思うのですが次年度はそのレベルをもっと高めていこうと思っています。
 病気に関しては二度の入院が心身ともに疲れを癒す時期だったように思います。友人たちとの思い出話や会食も人生の一コマとして楽しんだ次第です。


 お世話になった皆様に心よりお礼を申し上げます。来る年もよろしくお願い致します。
IMG_0457.JPG


posted by 筆文字や隆庵 at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: