2021年01月19日

男女の役割(夫婦の役割)

家庭の柱となるべき「夫婦」の不調和が世界の平和を乱しているなんて言えば、多くの「反発」をかい罵声を浴びせられることだろうが敢えて書く。
理想の国、理想の世界を築いていくことがどれほど重要であるかを考える時、現状の形を見るにつけ家庭環境の見直しを学び修正することが人間の正しい生き方になると確信している。「家庭教育」大切さはだれでも知っているが夫婦の在り方によることは、それほど重要視されていない。そこに、不登校、ニート、うつ病、仕事中毒、児童虐待や人格障害、崩壊する家庭の急増、これらの原因があるといっても過言ではない。
 そこで、夫婦の在り方について考えてみると、まず男女は結婚して夫婦となる。夫と妻は何をどのようにすることがそれぞれの役割なのかを自覚する。
 夫は家族の生活や幸せのために外に出て働く、妻は内にあって、家族に心のこもった栄養のバランスのとれた食事と安らぎの環境を与え家庭の幸せをつくる。この生活の様式が自然の法則に適っている。家庭の中心は親であり親が何をどのように考えるかによって家庭の在り方は変わる。
 子供が出来ると妻の役割から母親の役割へと変化していく、父親は子供のためにと益々外に出ての働きが活発になり家に帰るのも遅くなりがちな事態になる。
 意見のすれ違いや、お互いの社会に於けるストレスなどで夫婦の間で不満の葛藤が起きる頃ではあるがこの時こそ重要なのが結婚当初の夫婦愛を貫くことである、心は常に愛する夫であり妻であることを認識していれば平和な家庭となるのだが、夫の帰りが遅くなり、家で食事をとらない日々が増えてくると妻は文句を言い始める。子供を押し付けておいて自分だけ好きなことをしているとばかり、すっかり夫婦愛を忘れ子供を味方に父親をないがしろにする。「子は親の背中をみて育つ」といわれているように、夫婦の仲が悪くなると親のいう事を聞かなくなる。だから「子は親の教師」といわれるのである。子供が親に反抗したり、親のいうことを聞かなくなったら親は自分を省みて間違いに早く気づくことである。特に母親である女性は、子供に愚痴をこぼし父親の悪口を話すことがあったりと、いう事で子供に父親をないがしろにする意思を持たせてしまう。何気ない一言は将来に禍根を残すものである。
 妻は夫を立てる事であり父親の権威を守っていくことである、夫は妻に対して優しく接し家庭の共同経営者として尊重することである。
父親は子供に人生の目標意識、道徳、判断力、社交性等を教え母親は言葉、立ち居振る舞い、食事のしつけなどを教えることである。
焦らずに繰り返し繰り返ししつけすることが大事である。
posted by 筆文字や隆庵 at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: