2021年06月30日

思想と習慣

 世界の歴史は特定のリーダーたちの思想、習慣、五感を通した考えや人間の持つ自己中心的な行いによって現象化されたものであり、それぞれの時代という時の流れの中の、ある一点の思念と行為の結果として作られていきました。
 もともと性は善なりという事を知っていながらも知らず知らずに培われていった誤った考えの結果いまだに戦火が途絶える事のない現実が作られていっています。
 また、兵器のない戦争、情報を駆使した戦いも現在水面下で進んでいるという事も事実であります。いわゆる情報戦というもので主にマスメディアを利用した国家侵略があちこちで勃発しているのです。
 ここのところ「伝収録」を読むという書籍(吉田公平 著)から中国における思想界について考察しているのですが、中々人間とは何かといった観点から儒教という哲学的記録を読み取るとき「文化大革命」といった代物が大中華を腐らせていったと考えざるを得ないのです。

今一度考えてみよう・・・なぜかの国で四書五経なるものが生まれ人としてどう生きるかといった思想が体系化され、かつ我が国にも影響を及ぼしていったのかを・・・

 孔子が説いた論語を元に各世代の王朝は自らの栄華を磐石にしようと試みたが、本来の人間の質に気づくことなく自らの立場のみを守ろうと固執した結果次々と王朝は戦いによって取って代わられ、殺伐とした歴史を繰り返してしまったのである。
 ここで考えられるのは各王朝が学問は学問としてとらえ日常の生活にとっては、全く活用しなかったという点があげられるのではないかという事であり一切関連性を認めなくただ勉強のできるやつとして当時の官僚を存在させていたのではないか、官僚はまた出世だけを目標とした自己中であり各人がほとんど自己中心主義になってしまっていたのではないかと想像できるのであります。

これは、朱子学における格物致知を誤って活用していった時代にもあてはまるのではないかと小生はおもうのであります。

 
posted by 筆文字や隆庵 at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: