2021年07月27日

煽りのマスコミ

 東京で過去最多に近いコロナ感染者などと相も変わらず煽るのが好きですね、というより全体像に関して何も報道しない姿勢はマスコミが不要であることの証明。
 7月26日現在の厚労省発表の「コロナ情報」から私がまとめてみました。
2021年2月17日から7月26日までのデータから
 
         感染者数   死者数     一日平均死者数

2/17〜3/15     7247     406        15.6

3/16〜4/15     12530     239         7.9

4/16〜5/15     22583     123         4.1

5/16〜6/1     9729      111 6.9

6/2 〜7/1     13181     174         5.8

7/2〜7/26     26113     41         1.5


ワクチンが進んできた7月の状況は、はっきり死者の現象を表している。という事は重症者も減っているという事
感染者の大半が若年層であるという事は回復力がある方たちだという事でそんなに大騒ぎすることではないという事
このままの報道姿勢を取り続けても何の意味もないことを知らなければならないし、「ワクチン」の存在が計画通りの動きであるとという事を政府の公式発表としてほしいものですね、このままでは永遠に「緊急事態」ということになりますよ。



posted by 筆文字や隆庵 at 18:17| Comment(0) | 人生プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: