2021年07月30日

信用のできない人達

 多くの方たちが様々な情報を届けてくれる。本来ならば誰誰が言ったという観点からではなく何があったか、正しさとは何かという観点からその情報の真偽を判断するのですが、この場合の客観的事実を知るにはやはり数値や直に接した現場の形などによって確認される。いわゆる「エビデンス」「証拠の品」というものでありそれぞれの信ぴょう性が問われるのである。

 現代のマスコミの情報がいかに間違っているかは、SNS インターネットの普及によって真実かどうかのチェックが容易になってきている。
従来のような一般の方たちに伏せられていた世界が今白日の下に晒されている環境が出来つつある。
毎日のようにネガティブな情報を提供してくれるワイドショーも最近は五輪騒動でまずまず不愉快さは薄れてきたが、ちゃっかりと「コロナ感染者が増えて怖いぞー」とテロップで流すのが気になるところ。

 先日東京都が感染者増ではあるものの重症者、死者とも減少状態だからマスコミも必要以上にあおらないようにと告知してましたが。早速立民の何がしという議員様が東京都の発表は虚偽であり実際は重症者は10倍ほどあると発言しているが、ならば死者も10倍くらいになっていないとおかしいがそうはなっていないではないかとSNS上で反論されていた・・・

 もともとこの議員様は変な発言で炎上しているので、そもそも信じられないというのがいきわたっています。その他ダブスタ発言が通例となっている著名人やエビデンスの不確実な公的発言の自治体、政府、誰も信じていないかを表しているのが「緊急事態」なのに増えているコロナ感染者数が物語っているではないか、既存メディアも信用ならんという事はネット民の間の共通認識になっている。

 いずれにしても普段の言動から真偽のほどを判断してしまうというのが世の常である。

くれぐれも「オオカミ少年」に注意しようではないか・・・
posted by 筆文字や隆庵 at 09:17| Comment(0) | 人生プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: