2022年06月25日

色心不二

 あの世とこの世と同時に生きているのにそのことに気が付いていない人たちの多いこと。このことが理解できればすべての人が平和な人生を送っていけるだろう・・と主張したい
 なぜならば 私たちの思考は即座に霊的な環境にコンタクトされ、それの実現を目指し肉体的な働きに直結するというメカニズムになっているからである。
 思考そのものはその善悪に限らずそれぞれバイブレーションを発し、しかも波長という波型を持っているのであり、その波長に合ったものや人を引き寄せるという事になるのである。
 何もないと思われる空間には数多くの波長をもった素粒子、波動というものが飛び交っているわけであって、そこには音楽のメロディやら絵画のアイディアなどが振動として存在しているという事なのである。
 天才と呼ばれていた「モーツァルト」は作曲する際に音符が降り注いでくるといっているし、レオナルドダヴィンチも描きたいシーンが目の前に広がるのだといっていたらしい

 この世に存在するものはあの世にも存在していると高橋信次師は講演で述べていられたし、かつまだこの世ではないものもあの世にはあるのだともいわれていた。
 かくのごとく、すべからく私たちはあの世とこの世を同時に生きているという事になり、幸不幸も思考から生み出されているという事を知っておくことが重要であるのである。

・・・・先思後動より

[028042].jpg
posted by 筆文字や隆庵 at 14:13| Comment(0) | 人生プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: