2022年08月14日

神の命を生きる

 表面に出ている各人の意識はそれぞれの人の独自のものだと思われているのですが、心の奥の奥の潜在意識の世界ではつながっていて
自他の区別なく神の命の共同体であります。

 だから他人を恨んだり、妬んだり、貶めたりしている思いや行為はすべて同根である自分に帰ってくるという事を知らなければならないのです。

 という事は人の悪口を語るという事は自分の悪口を言っているという事になり、人をほめるという行為や人の幸せを祈るという事は同時に自分をほめ、自分の幸せを祈るという事になるのであります。

 これは何も個人のことだけを言っているのではなく、社会を構成しているあらゆる組織体にも言えるのであって小は家庭から会社組織や国家に至るまで同様なのです。

 すなわち自分だけが良ければいいといった考えは、神性を汚すことになって原因結果の法則が働き自分たちにかかってくる事態が起きるのである。

 朝日新聞他左翼系の報道機関の衰退などに法則が働いているようです
 彼らに正確な情報を流すことを望む次第ではあります。

2021-08-18 15.37.36-2.jpg
posted by 筆文字や隆庵 at 19:59| Comment(0) | 人生プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: