2022年10月26日

問題解決の連続と祈りの効用

 生きていくという事は問題解決の連続だという事を認識しなくてはならない
様々な出来事を迎えたときにどういう風に自らの智慧と力でその問題を解決していく、その中に自分の成長の糧が存在しているのである。
 問題のない人はいない

 どんなに行き詰ったと見える問題でも、心を調和させ祈り問題解決の行動を起こそうと決意したとき必ず その問題を解決する道は心の中から湧き上がってくるものであり解決できない問題はないのである。
 ただ、その問題の解決がいつできるかはその人の過去の在り方などによって早い遅いがあるのは天地自然の理である。

その人にとってもまた周りの人にとっても最も魂の向上、心の向上に適当な時になされるのである。

 調和に向かっての祈りと我利我欲の祈りの違いがそこにあり、魂の向上というのがポイントである。

 さて、現代において「祈りの効用」「願望実現の祈り」などといった思想を流布している宗教団体が数多く存在しているところを見ると人というものはどうも他力を求め、自助努力なしにタナボタ式に願望が叶うと思っているのではないかと考える次第だ。というより深く考えない、手っ取り早く信仰して「願望実現」できればいいとしていないか、信仰宗教というのは大半がそれを売り物にしている。

 昨今世間をにぎわしている「統一教会」なるものを見てみよう。この宗教の名前が一躍有名になったのは昭和45年韓国のソウルで開かれた
700組にわたる「集団結婚式」である。
 基本的には仏教・キリスト教の真理は一つだといっているのはよいとしても、アダムとイブの原罪を人類は背負っている、その原罪をなくさないと救われないが、そのためには教祖 文鮮明 の血分の儀式に参加することであるという。その血分の儀式こそが文鮮明の命ずる人間と結婚することだというのである。
 
 もう一つの顔として勝共連合という政治活動を行う組織でもあるがいまこのことが問題になっているのであるが信者数からみて政治を動かせるほどの力など創価学会の足元にも及ばないのであるが、何故そのことを報道しないのが不思議である。

 いずれにしても人類を幸福にするはずの宗教団体としての「統一教会」は真理から離れている。まあどの宗教団体もにたようなもんだけど・・・
posted by 筆文字や隆庵 at 10:29| Comment(0) | 人生プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: