2023年12月09日

自分とは何者か

70歳を越えた自分という存在を今一度考えてみたいと思います。これは持論なのですが僕たちが生きているという事は単なる肉体的生存といった危うい、変化していきいずれは滅びてゆくといった物質形態だけではなく、精神というか心というか目に見えないが確実に存在しているもの。
 所謂形而上なる考えとその考えによって積み重ねてきた自分という性分との合作が自分なのである。という事です

その自分を分析していく。まず人間であるという事、それに伴い家庭人であり妻にとっては夫であり子供にとっては父であり孫にとっては祖父、もちろん先祖にとっては子孫であり親にとっての子供という事になっておりそれぞれの立ち位置によってその役割は異なるものの家庭の中の自分ということである。

仕事人としての自分は若いころから独立自営の道を歩んできているため定年のない仕事師である。職種はデザインを軸にしたブランディングプランナーとして現在がある。
その他は日本国民であり、県人であり地域の住人でもあるわけでそれぞれに役割が存在していているのである。

友人たちとの関係には自分の存在意義を確認することが出来る。という点でこれも「自分」という事になる。

 僕個人としては自分は自分の人生を経営している「経営者」であると認識している。
特に経営していくためにいくつもの課題を抱えていてその課題解決のために少なくない「プロジェクト」を抱えていて日々問題解決にあたっているのである。
 経営である以上は経営の目的は何かを明確にしておかなければならない。実際多くの企業や団体には「理念」「生きがい」などを明記しこの社会の中でどういった役割を担うのかといったことを文章に認めており、企業や団体のレゾンデートルとして共通項目として徹底しようとしている。 同じことを「自分」の中に構築しておこうというのが僕の主張。

 僕の年代になると経済のための仕事を引退している友人が多いが、社会とのふれあいのためにボランティアや趣味にそのライフスタイルを転換している例が顕著である。
 僕は堂々とお金をいただく仕事をしていてるのだが、仕事に関して言えば売上に貢献できているという事が自分のレゾンデートルとなっていて、その仕事の範囲はデザインを切口にしているものの多岐にわたっている。

 得たお金は仲の良い友人たちとの旅行や食事などに役立っているのが実態なのだ。
 ライフスタイルを考えながら
 ファッション、外食、旅、車の趣味など統一感のあるコンセプトライフを目指しているのである。

IMG_0079.JPG


posted by 筆文字や隆庵 at 13:02| 福岡 ☀| Comment(0) | 人生プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: