2021年03月17日

言葉は運命を創造する

 好むと好まざるとにかかわらず私たちは他との関係、相互の意思疎通によって様々な出来事に遭遇し社会生活を営むようになっています。
元々幸福な人生を送ることが約束されているはずなのに、多くの人々は自我中心主義に陥り他者への思いやりの心を見失いつまらぬ優越感というものに支配され、他人を誹謗中傷の言葉でさばき自己自慢に没頭している。
 一方においては自らの上部に対してはぺこぺこと自己卑下し劣等感にさいなまれている。そんな人々の多いことを教えてくれているのが今の世界の特徴である。要するに他との比較からしか自分の位置づけを確立できない哀れな人だといえる。
 昨今の国会での議論、またその議事を報道するマスコミ(報道しないという報道も含む)はここ数年ほどますます悪化しているような気がしている。

 言葉を発する以前の思いの間違いを含めるとまさしく「世は末法」なのであろう。思う後の言葉遣いの間違いは問題多し
具体的には、国会議員のレベル低下には目を覆うばかりの惨状、またマスごみといわれる集団の能力不足、想像力の低下云々、専門家と称する集団の自己中など枚挙にいとまがない
 それもこれも一般国民の教養不足に負うことが大きいのではないかと危惧するものである。
知るべきことを知り、自己中心的な態度をすて他者への思いやりを育み、正しく言葉を語り意志疎通を図る・・・特に言葉遣いは運命を創造するほどの力を持つものであることを知らなければならない。常日頃から荒々しい言葉を語っているとその言葉に波長の合う人が集まり行動そのものも荒っぽくなっていくのは良く見聞きする話である。

業界用語というものがあり、その用語は同類の方たちにとっての親和性があるのと同じように日頃使い慣れている言葉にも同類にとって心地よいものになるように・・・である。
 少なくともこういった観点からも言葉を選ぶ必要はあります。様々な環境でどのような言葉が発せられその環境がどういう方たちで組織されどのような生活がそこに存在するか考えてみることも人生の学習に繋がることでしょう




posted by 筆文字や隆庵 at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

正しく語るという事

 わたし達が言葉を発するとき、心の中でよく考える習慣をつけておくことが大事であります。
日常的な会話の中で、いわゆる簡単に片づけようとする心で語ってしまう事、しゃべってしまうことが多々あります。
 しかしながらこのように「つい言ってしまった」ことを原因とした結果が生じさらに次の原因を作ってしまい場合によって不都合な展開になってしまうことがよくありますね。
売り言葉に買い言葉、言葉遣いの間違いなど、このような経験は誰にでもあるのではないでしょうか
実は歴史上の大事件なども案外このような事から生まれた誤解によって引き起こされていったケースも多々あるものと推測されましょう。

 さて、昨今の「国会」における立憲民主党議員の面々の言葉のひどさはいかんともしがたい雑言の数々、嘘が嘘をよび何がなんやら収拾がつかない状態が続いているようです。またマスコミもその点は触れずひたすら「政権批判」に報道を集中させているようであります。
 これでは「国民」のためにならないということぐらいわかりそうなことなんですがね、何か裏で何かが働いているような気がします。
 正しく語るという行為は正しい情報分析、それも自分勝手な恣意の入った情報ではない正しい真実の情報収集を行い(正しく見る)そのことを正しく思うことでしか語れないという事を知らなければならないのです。

 嘘の言葉は必ずばれます、嘘の連鎖は必ず矛盾を生み出していくからです。正しさには恣意がないこと、私心がないことが前提にあることを知っておきたいものです。特に名のある方たちに「私心無き言動」を望もう・・
posted by 筆文字や隆庵 at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月11日

欠点を見る事 その2

承前
相手の欠点を指摘し 小さな過ちを見逃す習慣になってしまうとやがてその過ちは大きく発展し取り返しのつかない事態に陥ってしまう。
自分の思うようにいかなくて腹が立ったとき 胸の中の空気は少なくなっている。
大自然は一杯与えてくれているのに拒否している。血液は酸欠をおこして体調がくずれる。

非難する心が起きた時は自分自身の欠点であると自覚して修正をしていく 相手の欠点を見てあわれみの心 慈しみの心が起きた時は自分自身の欠点が修正されたと自覚する。
同じ欠点を見ても対処の仕方で 百八十度の違いがある。
どんな出来事に合っても非難する心がなく 愛の心 慈しみの心で接していきたいものである。

わたし達が住んでいる地球上の環境は 愛に満ち満ちているのであるから・・・


posted by 筆文字や隆庵 at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月10日

欠点を見るという事

 人を見て主義な奴だなあーと思ったり 妬む心が起きたり 腹立たしく思いムカムカしたりこれは間違いだとして激しく非難したり このように相手を裁く心が起きた時は確実に自分の中にあるものが現れているのである。
 これを知らず毎日やっていると 作用反作用の法則通り 原因結果の法則通り後になってその報いが必ずかえってくるのである。
自分の考えや行いが正しいとして執着している間は自分自身の未熟の現われである。
 相手を非難している間は、実は自分自身を非難している哀れな姿であるという事を知らなければならないのです。
相手の欠点を見て全く非難する心がなく あわれみの心 いつくしみのこころが現れてきたときは、自分に欠点がなく たとえあったとしても自らの努力によって心を修正した姿である。

 要するに自分の心の動きは須らく自分に起因しているという事なのだ

 自分の周りに対しての思いは自分の心が現われてきているという事を認識し反省の材料とすべきなのである。
posted by 筆文字や隆庵 at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

日常という名の学習機会を活用する。

 人生という旅は学習すべき事態の連続体から成り立っているといっても過言ではありません。とにもかくにも日々解決すべき問題が発生します。私たちはその中から学習すべき様々なエッセンスを抽出し自らの生活を改善する手段として内外に影響を及ぼすのです。
 原因と結果という法則から鑑みると、あらゆる現象には原因があり結果があるわけですから、今私が受け取っている者はかって私が周りに与えたものであるという事なんです。
 善の原因には善が、悪の原因には悪がというのが理屈なのです。

優越感と劣等感は同じ精神作用であることを理解している人は少ないが真理の裏表なのです。
これは、ともに自己中心主義のあらわれであるから結果的に自分にとって不都合な現象が起きるのです。

昨今の出来事というのは物事の存在そのものが一切「相衣性」があるのだ、という事を忘れているような言動や、政策行政が多いような気がしている。コロナ禍に於いて「リモートワーク」を進めているようだが、世の仕事の大半は現場で発生しているという事を知らないのかといいたくなります。リモート優先で経済が回るはずがありません。
 勿論不要だとは思っていませんが、優先すべき事項ではないという事です。
多くの人はそれぞれの役割の中に存在意義を見出し、職業として周りに役立つ仕事を為しているが一方において多くの人は消費者でもあるわけですから、そのバランスを保っていかなければならないのです。

 ですから、今私が受け取っている者はかって私が周りに与えたものであるという事なんです。原因と結果が一つのサイクルを創り上げさらに循環していく。そうやって多くの人は人生という旅の目的を知ることになるのです。


 

 
posted by 筆文字や隆庵 at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

正しく思う

先思後動という言葉を聞いたことがあります。行動の前には必ず何らかの思いが先にあるという事であって思う前に行動があるわけではないのです。
当然といえば当然なのですが、日常そのことを認識している人は少ないのではないでしょうか。
さて、思うという心の働きがあって行為が後からついてくるのである。という事をよく考えてみたいと思います。
 心の中で思うことには二種類あってひとつは表面意識で思うという行為ともう一つ潜在意識で思うという行為があるという事はよく知られています。例えば○○をしようという意思があって動く場合といちいち思わなくても動く場合があって前者は表面意識が大きく働き後者は潜在意識がその任を担っているとはよく聞く話であります。
 人の神経系統においても手や足のように動かそうといちいち思うことによって動く他律神経と考えなくても心臓や胃腸などの内臓を動かしている自律神経があるように。
もっともその自律神経は潜在意識によって大きく左右されるものでもあり、心の働きに影響を受けているという事も分かってきました。医師はさしたる原因がつかめないような、血液検査やスキャニング検査やその他の近代的な検査からも発見できない体調不良の患者さんにはこのように言います「自律神経失調症」と・・要は現代医学の限界という事でもあります。
 表面的に何の問題もなさそうな人が内臓疾患で苦しんでいるとかよくわからないけど体調が悪いなどといっている人も良く見かけます。
 心構えが不調、病を作っていることに気付くことが大事であり、潜在意識がそのことを気づかせてくれているともいえるのです。思いが現実を作るための一歩であることを認識したうえで、話を「正しく思う」という事に戻します。
 正しくとわざわざ言っているのは正しくない思いもあるという事です。という事は正しくない思いを捨て去っていけば残った思いが正しいというわけです。では正しくない思いとはどういうことを指すのでしょうか、自己中心のものの考え方が蔓延するとき究極的には争いに発展するということは過去の歴史が物語っています。当然のことながらそこに「原因と結果の法則」が容赦なく働いている事を知らなければならないでしょう。
posted by 筆文字や隆庵 at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

正しく見るという事

わたし達が有している生命活動に欠かせない五感という機能は、次の点に集約されています。
 目で見てとらえる事の出来る現象から物事を認知し判断することから始まりますが、単純に表層的な部分のみ、それも自己の思い込みや体験、好きとか嫌いといった感情、損か得かといった打算、といった自己中心的な考えといった「フィルター」をかけて認識してしまう場合が多くありませんか、こうした見方をしていると大きな過ちを起こしてしまうものです。というより明らかに間違いの元となりえるのがこの「目で見る」という事に正しさが要求される所以なのです。
 お釈迦様が説かれたこの世を調和へ導くための第一のカギが「正しく見る」という事なのです。この正しく見るということが出来ないと間違って見るという事なのでありますから正確な判断が出来ないのだという事になるのです。
これは間違った診察をした医者が正しい処方が出来ないという事と同様であって事態は悪化していくという事になるのですがここでの論はここまでにして(当然悪化を止める手立ては存在しているという事なのですが)、正しく見るという事に関してもう少し論じてみようと思います。
 そもそも論なのですが世の中に起きている現象そのものを私たちはすべて知ることはできませんから、身近に起きている事 もっと言えば私たちに直接関連する出来事について正しく見る方法というものを考えたいと思います。
 いろいろな瞬間にいろんな現象が発生しています。その現象そのものは流れている時々に意図的であろうと無意識的であろうと何らかの原因から生じているものであり、それは自然の法則である「原因結果の法則」から一歩も外れる事の出来ないのです。
 まずはそのことを理解したうえで見るという事が大事なのです。正しく見るという事は現われの現象の背後にある原因を突き止めるといった心構えから「善意な第三者」として自我を捨ててみるという行為が必要なのです。自分中心の考えだと目が曇り正しくものごとを理解するに能わずという事になるのです。
 冷静に物事を見る習慣を身に着けたいものです。
posted by 筆文字や隆庵 at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

4月始まりの手帳へつなぐ

 毎年この時期になると、一年間使用してきた手帳や業務日誌を整理し次年度へとつなぐ作業を行うのですが紙面の都合上3月と4月の一部が重複するように構成されているのです。
そこで、新年度に移管するときにしみじみと1年を振り返ってみるわけです。凡そ1年間の出来事、詳しく書いていたり簡単なキーワードだったりと様々あるのですが、一つずつ思い出すとこの年も色々ありましたと再認識することが出来ます。
 良いことも悪いこともその時々に起きたこと、心の動きなどつぶさに記憶にとどめておくとその都度の出来事の原因は何だったんだろうか、計画したとおりだったろうか、自分に関与した問題がいくつあったろうかなど思い起こし成功は成功 失敗は失敗として各々の原因を確認しながら次年度へとバトンを渡していくのであります。

 出来事の中にはずいぶん前に作った原因から起きた問題や、瞬間的に作った原因から生じた現象等様々なことが一見して脈絡のないように思えるものが実は整然と起きた問題であることが理解できます。こういった確認作業をノートを見ながら八正道に基づいて行っていくわけです。
だから、よい縁を求め良い行為を為していく中で良い結果を受けるか、はからずも求めてもいない悪い縁に引き込まれ悪い結果を受けるかはすべては自己責任だという事になるわけです。
 お釈迦様は「悪因悪果」「善因善果」といわれています。

ではなぜ悪因に引き込まれるのであろうか、それは自分さえ良ければいいという自己中心的なものの考え方によって自らの思いや行動を為してしまうからなのです。

心の中になんのわだかまりも引っ掛かりもなく、健やかで陽気であはは おほほと笑う暮らしが出来るのが理想でありそれを妨げている要素が何か、それを知り取り除くことが理想の暮らしに近づく方法なのです。物質至上主義が限界になってきている昨今です。

とにもかくにも今年の手帳に引き継ぎます。

IMG_1241.JPG








posted by 筆文字や隆庵 at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

考察すること

今の日本を考えると、「これはダメ」という出来事がもう何十年も続いているような気がします。
それでも、日本は必ず良くなります。一人一人がダメな今に気付き、こうすればよいと気づき、「このようにするとよい」と考え動き始めた時から、良い方向に進むのです。
現代社会の情勢を考えると様々な現象が私たちにたいして「それは間違っているよ」と、言っているように見えます。
 自然現象で言えば地震、竜巻にはじまり政界財界においては指導力不足、一般社会人においては足ることを忘れ去った欲望、自己さえ良ければといった自己中心主義、交通事故に疫病、自殺、殺人、うつ病など・・・これらの結果には必ず原因があります。
 社会のせいだとか、政治のせいだとか誰彼のせいだとかいって目を閉じるのではなくこの現実に、まず気づくことが大切です。

 現状を把握するといくつかの問題点は凡そ次のようなものであろうと推測できます
1. ものを深く考えなくなった。ことにより「判断力の欠如」がみられる、薄っぺらで表層的な意見に左右され物事の真実を追求する粘り強さがうしなわれていると思われる。
2. モノを大切に扱わなくなった。感謝の心が忘れられている
3. 自己中心の人が増えた。相関関係の欠如。

 これらの現象は一体どこから生じたのであろうか原因を探ってみると、私たちの暮らしの中に入りこんでいる「マスコミ」の存在が大きいのではないかという考えに行きつきます。
 マスコミという視聴覚拡大傾向は、特にテレビ、パソコン、スマホなど次から次へと情報を提供し考える余裕を与えないほどコマーシャルや番組、特にワイドショー等の影響は大である。
 情報はその真偽に疑わしいものも含めて無防備な人々の意識に入り込んできます。何気に見聞きしている無意識の領域に入りこんでしまうものであり、知らず知らずに「洗脳」されているわけです。
 学校教育においては、暗記主体、前例踏襲という意味も含めたテストが出来れば高学歴を手に入れることができ出世できるとばかりに「テクニック主体」の学習が主流となってきており、それらの結果として判断能力の欠如した「社会のリーダー」たちをたくさん生み出してきたのも事実であります。
 情操の何たるかを知らぬままに知識だけは一応身に着けていて、子供のころから試験勉強だけは出来るといったいびつな環境下にて育ったエリートもどきの排出そのものが現代の日本の体たらくなのではないかと思う次第であります。
 家庭に於いては反抗的な人を急増させるような教育をしているといっても過言ではありません。たとえば親が子供を育てる過程で、親の意志を押し付け子供の才能を引き出そうとしない。子供は自分を理解してもらえない寂しい心を反抗することで訴えているが、親は気づかない。もしくは生来の素直さのあまりいつまでたっても親のいう事に従うような主体性を失っていく場合もあります。いずれも親が子供に与える影響によって生じるものです。
 ある政党の代表が「母が言っているから・・・」などとテレビで発言して失笑をかっていたことを思い出します。

子供は親のいうとおりにはしない、親のするとおりにする。

国の教育の在り方はこの70有余年の間に大きく変わってきてしまいました。何度読んでも納得する「教育勅語」「愛国心」「情操」などといったよきものを捨て去り、いわゆる「物質至上主義」を中心にした味もそっけもない「教育」が主となっていきました。
これを是正するのには100年近くかかるでしょう・・・是正しようと思っている人が増えることを期待します
国家100年の計は「教育」であることを肝に銘じたいものです。
 それには「家庭教育」が大切であり、その中心的な役割は「親」つまり「夫婦」の在り方が大きいと思う次第です。ジェンダーのひずみが家庭そのものの問題を生み出してきたと思う次第です。これは私の「思想」ではなく「普遍的な自然法則」なのです。
 人生は各人が思うことによって行動を引き出しその結果として良きこと悪しきこと、喜びや悲しみや様々な出来事を体験するものだ。
あらゆる結果はその思うことと行うことで作り上げた原因により発生するのであるという事をまず知らなければならないのです。
 「原因と結果」は宇宙を貫く法則であり何人たりともこの因果から逃れることはできません。
国家が今おかれている現状は過去の行状の結果、つまりはリーダーの在り方、国家観というある種の哲学的概念の継続性と、それに導かれひきいられる国民の総意によるはずなのですが、昨今の現状を鑑みるに「マスコミ」という名の情報発信力の影響下にあるという事を危惧するものであります。
顕著な事例として昨今の「コロナ禍」本来は「武漢肺炎」というべきものにもかかわらず中国に遠慮してか「新型コロナ」などという言葉で表現されている報道姿勢を考えるとなんか違和感を覚えてしまいます。世界の中の我が国の感染者数をみると明らかに抑え込みには成功しているように思うのですが、テレビも新聞も「悲観的な口調」で過去最多、今日の感染者、重症者等深刻な表情で謳っています。果たして正確な数値のすべてを発表しているのでしょうか、陽性者の定義も発症者の状況もその内容が不明確、例年発生している「インフルエンザ」との比較や退院者の数、実行再生産数等の発表など行われているのだろうか。行われるとしてもその定義に関して説明があっただろうか、ただひたすら「大変だ大変だ」とあおってはいないだろうか、また緊急事態宣言」等で飲食店に負担を求めているが納得できる「エビデンス」は説明されたか、また飲食店関連の業者に関して対策はあっただろうか、政府も識者といわれている学者たちも納得できる説明がなされているようには思えない。
 ある番組で「コロナウィルス」そのものはそんなに恐れることはなくすでに「集団免疫」が出来ているといった専門家の先生(たしか京大でした)
の意見もあったのですが、もうテレビには出ていないようです。
 テレビ局の意向に沿わない意見は言えないのだという事もきいています。いずれにしても多くの意見ではなく選択された意見しか出せないのであるならば私たちは、自らが自らの考えで判断するしかないのでしょう。
これら一連の事態は原因となって結果を作っていくものであります。
 マスコミは「反政府」に舵をきっており野党も同様であり、地方の自治体も政府に文句をいうだけ。有識者もだんまりをきめ込み医師会に至ってはまるで「他人事」のような発言が相次いでいます。
 現実的代案のない批判は昔から書生論といってとるに足らない事とされているのを知っているのだろうか。
少しでも建設的な意見が出る事と実行していくことを待つ前に、私たちはもっと賢くならなければなりません。
場合によっては赤貧に甘んじなければならない事も覚悟し、自らの人生観を見直すことも視野に入れながらこの危機を乗り越えていこう。
という事は、新たなる原因作りに励もうという事であり、そのためにも私たちは八正道を行じなければならないのですね。



posted by 筆文字や隆庵 at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

働くという事

多くの人たちは、日々幸せな日々を送るには物質的な欲望を満たすことに注視しているようです。
その為に「金銭を稼ぐための仕事」をしていることを否定することはできませんがそれによって
仕事そのものを経済的な立場からしかみない人たちが増えてきたような気がします という傾向が表しているのが昨今の「働き方改革」などという国会での論争や「同一労働同一賃金」などの話
 そもそも昔から日本は資源がないといわれ、外国から仕入れたものに付加価値を付ける、つまり
働くことで収入を得ていたわけで今もその根本は変わらないと思うわけです
働くとは「はたをらくにする」といった心構えで日本式のQC活動を支え世界に名だたる技術国家という立ち位置を築き上げたのも事実であり国の誇りでもあるわけです。
いつの間にか西洋式の労働観が輸入され週休二日から週の労働時間の制限等が我が国を支える中小企業経営にひずみを作ったのかもしれません。
 
西洋と日本の労働観の違いは一体どこにあるのでしょうか
 これを考えてみた時、両者の「宗教観」の違いによるものだろうと推測されます。
 聖書によるとアダムとイブの物語で禁断の林檎を食したことから 仕事は怒りの神から罰として与えられたものと位置づけられたという寓話が示すように彼等にとっては仕事から早く解放されたいといった意識があるのではないかと思うのです
 一方日本においては「神道」があり八百万の神々がなそうとしている仕事の手伝いをすることであるので仕事は喜びだと感じていたはずです。
 そうした日本の伝統を無視して金銭だけにこだわらず「人々のお役に立とう」といった高邁な精神を忘れた仕事は我が国の将来を危うくさせるのではないかと危惧しています。
今一度もう一度考えてみたい題材です
posted by 筆文字や隆庵 at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

言葉情報発信・・・

人が言葉を発するとき、発する以前のこころの在り方が問題となります
心で思ったことの中で 怒りや不平不満 愚痴や優越感 劣等感などといった自己を中心とした思いから発せられる言葉は、音として空間に表現される時に黒い霧のようなものが張り付いているということを知りましょう
逆に思いやり、愛と慈悲、感謝の言葉などには黄金の光の粒子がその音に張り付いていきます
 前者は聴いている方に不調和を
 後者は聞いている方に調和と安らぎを与えることになります
前者の周りの環境は不調和となっているわけですから 善男善女はあまり近づかないようにします
 だから、情報も正確には伝わりません
 だから、何か事を起こす時に必要な情報が不足することになります
 結果として人のいうことを聴かなくなり物事は失敗するということになります
常に思いやりや愛と慈悲の心構えの方にはいろいろな協力者が現れ適宜なアドバイスなどを得ることになります
 結果として周りの環境との調和がとりやすくなり成功への道が拓けるのです
 語るということの重要性を知ることが大切ですね
常日頃から荒々しい言葉を使っていると、波長共鳴の原理から荒々しい環境を呼び暴力にまで発展することはよく聞く話ですね
posted by 筆文字や隆庵 at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

情けないなぁ

日本人として、というより人間としてこういう考えや行動や態度はみっともないですよ、情けないですよという事を反面教師として私に教えてくれているのが旧民主党(今その当時の主流メンバーは立憲民主党というところに所属しているようです) の面々の言葉、言葉遣い、その行動なんだと思うのは間違いだろうか。
また、それらの人々を擁護し彼らの起こした問題に触れず、与党政府のことに関しては牙をむいて攻撃するマスコミの報道姿勢。いずれも不愉快である。
 なぜか?
 それは人の持つ「卑しさ、下品、優越感と劣等感、利己主義、不平不満の心、他人の成功にやっかみを覚える心」これらに根付いた人の負の心を刺激することによって喜びとする当事者の卑しさを見るからであろう、人の不幸を喜んでいるようなストーリィをあたかも真実の様に作り上げている姿勢に人間社会の問題を思うのである。
 政治家は自らの生活維持のために選挙に勝つことだけを目標とし、マスコミは流言飛語をまき散らし真実から目をそらせる役割を担い(おそらく何らかの権力がそこにはたらいているとは思うが)、多数の人に洗脳という名の仕事の片棒を担いでいる。
財界も自社の利益の事ばかりで人としての使命感など皆無状態など、
 人はいつのころからかマイナスイメージに毒されていて「前向きで積極的な心構え」を持つ人が少なくなってきているように思う、またテレビを中心とするオールドメディアの情報は無条件に信じてしまうようになってきていて、特にインターネットの情報が入ってこない環境だとますます大手メディアのコントロール下に置かれてしまうのです。さて、人は各人が「防御本能」というものを持っているがゆえに危機をあおる情報に敏感になるのは当然な事です。
 その、原始的な本能を逆手に取っているような報道が目に余ります。

 コップに半分の水が入っています。
前向きな心構えの考え方は「まだ半分も水がある」マイナスの心構えは「半分しかない」 事実は一つ

 コロナワクチンの情報
NHK「この度のワクチン接種で死亡率が98.8%軽減されました」
 同じことでも
  「この度のワクチン接種で従来より死亡率0.2%と低くなりました」
 というとマイナスイメージが払しょくされます。

この度のコロナ禍の報道から、森会長へのバッシング、オリンピック開催危機あおりなどなんか変ですね、
その他近隣諸国に対するしぐさなど・・・おいおい日本大丈夫か?
posted by 筆文字や隆庵 at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

潜在意識とは今のあなたの真の心そのものである。

現在意識は種子であり潜在意識は大地である
潜在意識は種子を選別しない。まかれた種子がよい種子であっても悪い種子であっても
雑草の種子であっても、又 その種子が意識して播かれたものであろうと無意識のうちに播かれたものであろうとすべて芽をだし、育て上げ、それを生活体験として顕現させるのである。日常の暮らしの中で例えば自動車を運転するときにいちいち手足に命令して動かそうとして訓練を続けた結果、体が勝手に判断できるようになる。
この場合は現在意識で運転していたのが潜在意識に投げ込まれた技術が内面化し習い性になった事を意味するのである。
心の働きも同様であり、どのような情報を現在意識が捉えているかが問題となる。
運命がよくならない、不幸ばかりおきている人たちはその潜在意識の中にマイナスの
 考えや行為という種子を播いていた結果として顕現されているのであって、
 運命が好転している人は心の中にマイナス思考を持たず積極的に前向きに行為をしているということなのである。
物事がうまく運ばない人の特徴は、ものごとを何事も他人のせいにして自己中心的でわがままで反省が出来ないこと
上手く物事を運ぶ人の特徴は、両親に感謝し仲間に感謝し、人様のお役に立つために為すべきことを知り
為すべきことを為しまた為すべきことのレベルを常に向上させようと努力を惜しまないこと。こういった心構えが良い方向にむかっていく原動力になるのである。
i1HP.jpg
posted by 筆文字や隆庵 at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

宗教論

宗教・信仰
厳密にゆうと宗教を持たない人は皆無であってすべての人は宗教を持っていてすべての人は何らかの信仰をしているのである。
宗教団体というのは世界中にたくさんあり、それぞれの信者が自分たちの団体が正しいといい他の宗教団体は邪道だ外道だと排斥しようとする。
一方宗教団体ではない信仰集団がまた世界にはたくさんある。
経済というものを信仰している集団で金もうけや物質の獲得に血道を上げている信仰者たち。言葉は物質優先主義者とでもいえばいいのか。共産主義も自由主義もとどのつまり金銭的欲望を満たすことを第一優先としているわけで宗教団体の信者と大差がなく信仰の対象が神か金かのちがいだけである。
このことが宗教を持たない人はいないという理由である。
 また、自分の先祖や家柄や地位や名誉を信仰している人も多いが結局経済や肉親や地所などが自慢の種である以上金銭的なものに執着しているといえるのではないか
 結局は自分以外の何かを信仰しているわけでそれが「物質的」か「非物質的」かに分けられるだけのことである。
 真の仏陀の教え真のイエスの教えに帰れというのはここがポイント
 彼らは宗教者であったか否か、否である ただ創造主である神を信じ神が創造した大宇宙と大宇宙の摂理を物質的人類に
 われわれ人類の生き方の方法を教えてくれているのである 仏教でも キリスト教でも なく イスラム教でもなく自然に生かされていることに感謝することを教えてくれた先達者なのである
posted by 筆文字や隆庵 at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

他人の悪口

 やもすれば、人は(私は)自らの周りで起きている不都合で不愉快な問題を、他人のせいにしその他人に腹を立て、自分こそが正しいのだといいはり、結果自らを慰めては他人の至らぬところをあげつらう。
 さて、これは正しい生き方なんだろうか。こうして他人を卑下し「ばかだなぁ」といったところで自らの周りの問題が解決できるのであろうか。
確かに人を悪者にすることによって一時は溜飲が下がるかもしれないが、根本的な人の生き方には間違っているのです。なぜならばその他人によって安寧の時間をないがしろにしているのは誰でもなく自分なのですからね。
 自分にとって都合が悪い事象は少なからずも自らの心に曇りを作り物事の正邪を見極めることが出来なくなっていきます。普通他人を批判避難する心は自分の中にその素を持っているからなどといわれています。
つまり、自分の心の中にないものが降りかかってくることはないからです。
 とすると、つまるところその他人への悪口というものは自分に向けられているという事になります。
どう考えても自分が正しいと思った場合でも、その悪口を言いたい人の事でも「本質を知るまでどうぞ学習して下さい、何らかの結果はあなたが受けるのだから」と、心の中で祈ってあげれるような自分を作っていきたいと思っていますが・・・けっこう難しいですね(笑)

 「人間釈迦T」高橋信次 著 85頁には下記の如く著述あり
普通、他人から誹謗されると、つい自分をかばう心が出て、怒りの感情が燃え出すものである。他人から誹謗されるということは誹謗される何かが自分にあるか、天の試練か、そのどちらかである。しかし天の試練とはいっても試練に合うカルマ(業)が自分になければ試練は受けなくて済むものである。とすると、これも自分に帰着する。原因が自分にあるとすればその原因を静かに見渡すだけの心の余裕、寛容さがなければ少なくとも道を求める者の態度とは言い難い。そうしたもう一人の自分を忘れて相手の中傷に反発していく態度は、もはや修行者とはいえないのである。
posted by 筆文字や隆庵 at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする